聡子作品

聡子の代表句

無伴奏組曲夜の枇杷太る

冬の楽章ヴィオラから歩き出す

トランペットの一音♯(シャープ)して芽吹く

雛の夜管楽器みな闇を持ち

ピアノ弾くからだの中の白夜かな

寒き目をしてフルートに息入るる

長き長きエスカレーター百合抱いて

モーニングコールたちまち黄葉す

青信号連続すひとつは蜃気楼

新緑の闇よりヨーヨー引き戻す

雪嶺の光をもらふ指輪かな

夜の驟雨聞きをりリング・サイドにて

アリスのごと鬼灯市に紛れたり

ぼたん雪目に入りて海近づきぬ

4Bで描く白菜の断面図

櫂ひとつ置かれて月の涼しかり

一日の終はり水鳥はなやかに

夜の畳祭かんざし影持てり

銀河濃し水の宅急便届

クロイツェル・ソナタ折り鶴凍る夜

|