« 「佐藤鬼房全句集」―ガリバーの靴が踏む大地の音 | トップページ | 「盲目の俳句・短歌集 まなざし」 辺見じゅん・大森理恵編―ものを見るということ »

「鈴木真砂女全句集」―あしたもこの夢

  羅や人悲します恋をして  『生簀籠』

  今生のいまが倖せ衣被   『都鳥』

 鈴木真砂女の句といえば、まず、これらの句を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。真砂女さんの句は、平明な言葉を用いながら訴えかけてくる深い心の表出がある。
 今年95歳になる真砂女さんの、そのドラマティックな人生については、今更語る必要もないだろう。本書は『生簀籠』(昭30)『卯浪』(昭36)『夏帯』(昭44)『夕蛍』(昭51)『居待月』(昭61)『都鳥』(平6)『紫木蓮』(平10)の7句集を収録。『卯浪』以降はすべて編年体で編まれており、私たちは昭和29年から平成10年までの44年間にわたる真砂女さんの生活や心のありようを、年毎に窺い知ることができるのである。
 久保田万太郎は、『卯浪』の序の中で、真砂女俳句を次のように解説している。(以下要約)。

 「真砂女の句集は、内容的にこれを三つに分けることができる。すなわち、

  ゆく春や身に倖せの割烹着

のような、小料理屋「卯波」の女主人としての彼女のすがた。

  ふるさとや枯野の道に海女と逢ふ

ような、外房鴨川の荒海の音を聞きつつ育った彼女のすがた。

  すみれ野に罪あるごとく来て二人

 そして、つねに人の情けに縋りつづける一人の女人のすがた」

である。万太郎が初期句集で指摘した真砂女俳句の柱は、その後も変わることなく現在まで貫かれている。

 真砂女さんの季語の扱い方には高い評価があるが、全句集中いちばん多いのは「蛍」の句。

  死なうかと囁かれしは蛍の夜  『都鳥』

  蛍の死や三寸の籠の中     『居待月』

  蛍籠さびしきままに眠るべし  『夕螢』

 つねに自分を奮い立たせ、気丈に生きてきたからこそ、蛍のようなはかないのものに心魅かれたのだろうか。蛍はまた、和泉式部の昔から燃ゆる恋の魂だった。
 人はなぜ、真砂女俳句にこんなにも惹かれるのだろう。真砂女さんの言葉を借りて言えば、それは「本当の事」を語っているから。虚飾のない真実こそ、人の心を打つものはない。

  夏帯や一途といふは美しく   『夏帯』

  春の夢覚めてあしたもこの夢を 『紫木蓮』

   (「俳句研究」2001年7月号掲載)

|

« 「佐藤鬼房全句集」―ガリバーの靴が踏む大地の音 | トップページ | 「盲目の俳句・短歌集 まなざし」 辺見じゅん・大森理恵編―ものを見るということ »

書評」カテゴリの記事