« 「谷間の家具」―邁進する「今」 | トップページ | 「綾子の手」―細見綾子へ捧げる鎮魂曲 »

「歴草」―時間と空間を超えて

 中原道夫氏は非常に多彩な方である。広告代理店のアートディレクターから俳句に専業。俳句の仕事を精力的にこなすかたわら、あまたの装幀を手掛け、古美術を蒐集、みすから書画を描き個展もひらく……。

  花筏黄泉に客引く舟だまり

 中原道夫氏は1951年新潟生まれ。多摩美術大学卒業。82年に「沖」に投句を始め、84年に「沖」新人賞を受賞。90年に第一句集『蕩兒』により第13回俳人協会新人賞受賞。九四年には第二句集『顱頂』にて第33回俳人協会賞受賞。現在「銀化」主宰。本句集は『アルデンテ』『銀化』につづく第五句集となる。

  縄跳の縄は弧となり世を離る

  まぼろしは真葛が原を出て三日

  六道の辻にて葛湯商はむ

 『歴草』を繙いて感じることは、時間や空間を軽々と超えて遊ぶ、摩訶不思議な風景の存在である。作者のこころは現世と来世をさえ自由に往き来する。

  前生も霜夜の猫を抱きすくめ

  初旅の背もたれ過去に倒したる

  前(さき)の世は笛でありしよ寒八ツ目

  三途まで繋がつてゐる青き踏む

 「言葉は面白い」と語る作者は言葉そのものとも戯れる。

  水にゝ打ちて氷に身を窶す

  誰にでも蹤いてゆくから月といふ

 そうして氏のもつ不思議の世界は、俳諧の世界と繋がってゆくのである。

  なりはひを何處に捨てよか春日桶

  いきつけの處へ春の行くといふ

  皮と餡べつべつに春惜しみけり

 さて、氏は料理の腕前もプロ級であり、『食意地ーぬ日記』という著書をもつ。

  狐憑白子を吸ふに唇尖る

  春の闇したたり醤濃くなれる

  縁側はたそかれやすき干鰈

 TVに、雑誌に、新聞にとまさしく八面六臂の活躍をする作者が、次にはどんな句を発表されるのか、新たなる一句が楽しみである。

  とじまりは月うつくしといひしのち

  みまくりをいまあらたまのみづのおと

  秋の草歴草を岐くるべく長ず

   (「炎環」2000年4月号掲載)

|

« 「谷間の家具」―邁進する「今」 | トップページ | 「綾子の手」―細見綾子へ捧げる鎮魂曲 »

書評」カテゴリの記事